皮膚科 皮膚科専門医試験対策

HPV(ヒトパピローマウイルス) 型と関連疾患 まとめ

2023年1月8日

ヒトパピローマウイルス(HPV)は複数の型があり、それぞれ起こす疾患が異なるためまとめました

皮膚科専門医試験の過去問(10問)も後半で紹介します

HPV 型と関連疾患 皮膚科専門医試験 過去問

ヒトパピローマウイルス(HPV)と皮膚疾患

複数あるが、基本的には一番左側のものの重要度が高い

HPVの型 臨床症状
1 ミルメシア
2, 4, 7, 27, 57 尋常性疣贅
3, 10, 28, 29, 94 扁平疣贅
16 Bowen様丘疹症, 爪Bowen病
5, 8 疣贅状表皮発育異常症
57, 60 足底類表皮嚢腫
63 点状疣贅
6, 11 尖圭コンジローマ

なお皮膚科疾患ではないが、HPV-16/18は子宮頚癌と関連することも重要(2価・4価・9価とあるHPVワクチンはいずれもこの型を含む)

HPVワクチンの種類 名称 標的とするHPV型
2価 サーバリックス 16, 18
4価 ガーダシル 6, 11, 16, 18
9価 シルガード9 6, 11, 16, 18, 31, 33, 45, 52, 58
あたらしい皮膚科学

あたらしい皮膚科学

清水宏
8,580円(04/12 22:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
皮膚科学

皮膚科学

14,300円(04/12 22:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

皮膚科専門医認定試験 関連過去問 (2022〜2009年度)

問題出典:試験問題(過去問題) |公益社団法人日本皮膚科学会

2023年 選択問題81

解答:5

手掌や足底の粉瘤(類表皮嚢腫)はHPV-57やHPV-60が原因となる

解説詳細はリンク先:2023 選択81

2022年 選択問題49

解答:1

組織での空胞細胞(コイロサイトーシス)およびHPV-3が検出されていることから、扁平疣贅と診断する

  • 尋常性疣贅:HPV-2
  • ボーエン様丘疹症:HPV-16、組織学的にBowen病に類似するためこのような名称
  • 疣贅状表皮発育異常症:HPV-5、先天的なHPVに対する免疫不全が原因

解説詳細はリンク先:2022 選択49

2020年 選択問題28

解答:3

HPV5は疣贅状表皮発育異常症と関連する

解説詳細はリンク先:2020 選択28

2019年 選択問題20

解答:1

露光部の紅斑〜褐色斑と、組織での空胞細胞(コイロサイトーシス)から    の診断

HPVに対する先天的な免疫不全が原因(常染色体劣性遺伝疾患)

解説詳細はリンク先:2019 選択20

2016年 記述問題5

解答:HPV-16

陰茎部で尖圭コンジローマ類似の褐色丘疹が、組織学的にBowen病類似の異常角化細胞や核分裂像がみられることからBowen様丘疹症の診断

HPV-16が原因となる

解説詳細はリンク先:2016年 記述5

2015年 選択問題20

解答:1, 4

扁平疣贅は顔面や腕に好発し、HPV3が原因。顔面は色素沈着を残しやすいため液体窒素は通常行わない

解説詳細はリンク先:2015年 選択20

2013年 選択問題24

解答:1

HPV5が疣贅状表皮発育異常症の原因、HPV3は扁平疣贅の原因

解説詳細はリンク先:2013 選択24

2012年 選択問題18

解答:1, 3, 5

ボーエン様丘疹症はHPV-16、HPV-5は疣贅状表皮発育異常

蚊刺過敏症はEBウイルスの慢性感染(CAEBV)と関連する

2010年 選択問題66

解答:2

顔面褐色斑と組織でのコイロサイトーシスから、扁平疣贅と診断する。関連するのはHPV-3

2009年 選択問題20

解答:b, d

HPV-16と関連するのは爪部Bowen病およびボーエン様丘疹症(bowenoid papulosis)

2009年 選択問題21

解答:d, e

皮膚症状は癜風様の白斑や紅斑であり、露光部位に悪性腫瘍が好発する

HPV5型が原因で、遺伝形式は常染色体劣性(潜性)

スポンサード リンク

-皮膚科, 皮膚科専門医試験対策