皮膚科 皮膚科専門医試験対策

HPV(ヒトパピローマウイルス) 型と関連疾患 まとめ

ヒトパピローマウイルス(HPV)は複数の型があり、それぞれ起こす疾患が異なるためまとめました

皮膚科専門医試験の過去問(10問)も後半で紹介します

HPV 型と関連疾患 皮膚科専門医試験 過去問

ヒトパピローマウイルス(HPV)と皮膚疾患

複数あるが、基本的には一番左側のものの重要度が高い

HPVの型 臨床症状
1 ミルメシア
2, 4, 7, 27, 57 尋常性疣贅
3, 10, 28, 29, 94 扁平疣贅
16 Bowen様丘疹症, 爪Bowen病
5, 8 疣贅状表皮発育異常症
57, 60 足底類表皮嚢腫
63 点状疣贅
6, 11 尖圭コンジローマ

なお皮膚科疾患ではないが、HPV-16/18は子宮頚癌と関連することも重要(2価・4価・9価とあるHPVワクチンはいずれもこの型を含む)

HPVワクチンの種類 名称 標的とするHPV型
2価 サーバリックス 16, 18
4価 ガーダシル 6, 11, 16, 18
9価 シルガード9 6, 11, 16, 18, 31, 33, 45, 52, 58
あたらしい皮膚科学

あたらしい皮膚科学

清水宏
8,259円(01/28 17:30時点)
Amazonの情報を掲載しています
皮膚科学

皮膚科学

14,300円(01/28 17:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

皮膚科専門医認定試験 関連過去問 (2022〜2009年度)

問題出典:試験問題(過去問題) |公益社団法人日本皮膚科学会

2022年 選択問題49

2022年 選択問題49

55歳、男性。成人T細胞白血病で血液内科に通院中。2年前より、前額部に図22に示す色の皮疹が出現し、徐々に増数したことを主訴に来院した。皮疹部からの皮膚生検組織のH&E染色像を図23、図24に示す。なお、生検組織から抽出したDNAを用いたPCR法でHPV-3が検出された。診断は何か。

  1. 扁平疣贅
  2. 尋常性疣贅
  3. 脂漏性角化症
  4. ボーエン様丘疹症
  5. 疣贅状表皮発育異常症

解答:1

組織での空胞細胞(コイロサイトーシス)およびHPV-3が検出されていることから、扁平疣贅と診断する

  • 尋常性疣贅:HPV-2
  • ボーエン様丘疹症:HPV-16、組織学的にBowen病に類似するためこのような名称
  • 疣贅状表皮発育異常症:HPV-5、先天的なHPVに対する免疫不全が原因

2020年 選択問題28

2020年 選択問題28

ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)と関連する疾患で, 正しい組み合わせはどれか.

  1. HPV1-扁平疣贅
  2. HPV3-ミルメシア
  3. HPV5-疣贅状表皮発育異常症
  4. HPV16-足底類表皮嚢腫
  5. HPV60-爪Bowen病

解答:3

HPV5は疣贅状表皮発育異常症と関連する

解説詳細はリンク先:2020 選択28

2019年 選択問題20

2019年 選択問題20

60歳の男性. 両親はいとこ婚. 幼少期から図4aに示す皮疹を露光部を中心に認める. 病理検査では図4bに示す所見が得られた. この疾患は, ある病原体に対する先天性免疫不全により発症する. その病原体はどれか.

  1. Beta human papillomavirus
  2. Candida albicans
  3. Cytomegalovirus
  4. Epstein-Barr virus
  5. Malassezia globosa

2020-S20

解答:1

露光部の紅斑〜褐色斑と、組織での空胞細胞(コイロサイトーシス)から    の診断

HPVに対する先天的な免疫不全が原因(常染色体劣性遺伝疾患)

解説詳細はリンク先:2019 選択20

2016年 記述問題5

2016年 記述問題5

30歳の男性. 陰茎に2か月前から自覚症状のない黒色の丘疹が多発. 図27aに皮膚所見, 図27bに生検病理所見を示す. 原因として最も頻度の高いHPVの型を記せ.

解答:HPV-16

陰茎部で尖圭コンジローマ類似の褐色丘疹が、組織学的にBowen病類似の異常角化細胞や核分裂像がみられることからBowen様丘疹症の診断

HPV-16が原因となる

解説詳細はリンク先:2016年 記述5

2015年 選択問題20

2015年 選択問題20

23歳の女性. 約2年前に左こめかみに自覚症状のない淡褐色扁平丘疹が出現した. 徐々に増加し, 顔全体に広がってきたため来院した(図3). この疾患について誤っているのはどれか. 2つ選べ.

  1. HPV2の感染によって生じる.
  2. 組織学的に空胞細胞がみられる.
  3. イミキモドの保険適用はない.
  4. 液体窒素療法が第一選択である.
  5. しばしば自然消退する.

解答:1, 4

扁平疣贅は顔面や腕に好発し、HPV3が原因。顔面は色素沈着を残しやすいため液体窒素は通常行わない

解説詳細はリンク先:2015年 選択20

2013年 選択問題24

2013年 選択問題24

ヒトパピローマウイルス(HPV)の型と臨床病型の関係で誤っている組み合わせはどれか。

  1. HPV3 - 疣贅状表皮発育異常症の癜風様皮疹
  2. HPV6 - 尖圭コンジローマ
  3. HPV16 - Bowen様丘疹症
  4. HPV18 - 子宮頚がん
  5. HPV57/60 - 足底類表皮嚢腫

解答:3

HPV5が疣贅状表皮発育異常症の原因、HPV3は扁平疣贅の原因

解説詳細はリンク先:2013 選択24

2012年 選択問題18

2012年 選択問題18

疾患と関連ウイルスで正しい組み合わせはどれか。3つ選べ。

  1. 薬剤性過敏症症候群 - HHV6 (ヒトヘルペスウイルス6型)
  2. 蚊刺過敏症 - サイトメガロウイルス
  3. メルケル細胞癌 - ポリオーマウイルス
  4. ボーエン様丘疹症 - HPV5 (ヒトパピローマウイルス5型)
  5. 脊髄症 - HTLV-1 (ヒトT細胞白血病ウイルス1型)

解答:1, 3, 5

ボーエン様丘疹症はHPV-16、HPV-5は疣贅状表皮発育異常

蚊刺過敏症はEBウイルスの慢性感染(CAEBV)と関連する

2010年 選択問題66

2010年 選択問題66

27歳、女。臨床所見(図35)と病理所見(図36)から、最も考えられる原因は何か。

  1. HPV1
  2. HPV3
  3. HPV5
  4. HPV6
  5. HPV11

2010-S66

解答:2

顔面褐色斑と組織でのコイロサイトーシスから、扁平疣贅と診断する。関連するのはHPV-3

2009年 選択問題20

2009年 選択問題20

ヒトパピローマウイルス(HPV)16型が検出される可能性が高いのはどれか。2つ選べ。

a. 顔面のkeratoacanthoma

b. 爪甲下のBowen病

c. 外陰部のverrucous carcinoma

d. 外陰部のbowenoid papulosis

e. 足底のepithelioma cuniculatum

解答:b, d

HPV-16と関連するのは爪部Bowen病およびボーエン様丘疹症(bowenoid papulosis)

2009年 選択問題21

2009年 選択問題21

疣贅状表皮発育異常症について正しいものはどれか2つ選べ。

a. HPV16型が高頻度に検出される。

b. 多くは常染色体優性遺伝である。

c. カポジ水痘様発疹症をしばしば併発する。

d. 癜風様の白斑や紅斑を生じる。

e. 露光部位において皮膚悪性腫瘍が生じる。

解答:d, e

皮膚症状は癜風様の白斑や紅斑であり、露光部位に悪性腫瘍が好発する

HPV5型が原因で、遺伝形式は常染色体劣性(潜性)

スポンサード リンク

-皮膚科, 皮膚科専門医試験対策

© 2023 それいきノート:皮膚科専門医試験対策編 Powered by AFFINGER5