それでも生きていかざるをえない

それいきノート:皮膚科編

旅行

五島列島の福江島に行った

投稿日:

長崎県の出島に続き、同じく長崎県は五島列島の福江島

実はこのころ台風が来ていたので、天候はかなり不安定でした
そんな中での福江島観光編

福江島は五島列島(中通島・若松島・奈留島・久賀島・福江島+その他色々)の中でもかなり南に位置する島です。五島列島は江戸時代の頃に隠れキリシタンが移り住んで信仰を守っていたこともあり、現在でも教会やキリスト教徒がとても多い島となっています。

ジェットフォイルで福江島へ

ホテルから長崎港へ移動し、朝からジェットフォイル(高速船)で福江島へ。

191013-Fukue-Jet

ぺがさす2

80km/hとなかなかの速度が出るジェットフォイルです。
1時間20分ほどで長崎-福江を移動できます

長崎発|九州商船株式会社(公式ホームページ)

手荷物制限について

上記ホームページでは、持込手回り品は3辺の和が1メートル以下で、かつ重量が10kg以下の物を、1人2個までに制限させていただきます。となっていますが、実際問題としてはほぼ荷物制限はないような感じ…(ちょっとサイズオーバーの荷物を持っていった)

そこまで揺れず、無事に福江島へ到着

191013-Fukue-1

福江島では主にレンタカーで移動しました。
一応バスもあるのですが、あまり本数が多くないことと、観光スポットが島内に点在していることから車の方が便利な場所です

井持浦教会と大瀬崎灯台

レンタカーを借りて、福江島の中心部から車に乗ること50分程度でまずは福江島の西端付近にある井持浦教会へ到着。

191013-Fukue-4

こちらの教会はルルドの洞窟で有名。ルルドはフランスの街で、1858年に聖母マリアが現れたとされる有名な巡礼地です。詳細な話は下記に

ルルドの聖母 | 聖パウロ修道会 / サンパウロ

この話に基づいて、1899年に作られたのがこの井持浦教会の敷地内にあるルルドです

191013-Fukue-3

こちらの教会はやや遠いことや荒天だったこともあり、あまり人はいませんでした。現在でも実際にミサなどで使われている教会であり、静謐な雰囲気でとても良かったです。たまたま名簿がおいてあったのですが、ほとんどの方の住所が玉之浦で、地元の方によって支えられていることを感じました。

井持浦教会から、さらに車で10分ほどで大瀬崎灯台展望台へ到着。曇り空ではありますが、海岸もよく見えます

191013-Fukue-5

なお大瀬崎灯台は展望台からさらに遠くにあります

191014-Fukue-2

遠くにわずかに見える灯台

展望台から灯台までは遊歩道を歩いて往復50分程度で行けるようですが、時間がなかったので遠景だけで終了しました。

ついでに教会で見つけたポスター

191013-Fukue-2

ローマ教皇が来日されるなんて全然知らなかった(9/13に発表されていたらしい)

POPE IN JAPAN 2019|すべてのいのちを守るため

長崎・広島・東京にいらっしゃるそうです

昼食 炉端焼き 椿茶屋

灯台を(遠くから)見たので、再び車でお昼ごはんのお店まで行きます。道のりは行きとほぼ同じ

関連ランキング:ろばた焼き | 五島市その他

こちらでは炉端焼きを頂きました

191014-Fukue-3

この他にイカなどもあり

堂崎天主堂

お昼ごはんの後は再び車で、今度は福江島の北東側にある堂崎天主堂へ

191013-Fukue-6

堂崎天主堂は明治時代にキリスト教禁教が廃止された後、五島で初めて作られた教会堂です。

もともとこの教会は五島出身で禁教令時代に神父の代わりとなって殉教した聖人、聖ヨハネ五島を記念して創立されています。屋外には磔像の展示もあり

191014-Fukue-1

内部は撮影禁止なので写真はありません。この教会は現在実際に使われているわけではなく資料館として使用されています。

ホテル GOTO TSUBAKI HOTEL

福江島内のホテルはほぼ福江港周囲の街中に集中して建てられています。今回泊まったのはGOTO TSUBAKI HOTELという2019年6月にオープンした新しめのホテル。

191013-HOTEL

GOTO TSUBAKI HOTEL/五島の思い出になるツバキホテル

お昼ごはんのお店も"椿"ですが、五島列島は椿が名産なのでつばき推しが強いです。ちなみに福江島中心部から車で15分ほどの福江空港も、愛称は五島つばき空港という名前だったりします。

ホテルは福江港から徒歩6分程度

台風で帰れなくなり、予定よりも1泊多めに泊まることになったホテル…ですがホテル内にちゃんとレストランがあったので、出られなくてもそんなに問題がなかったのは○

「エグゼクティブオーシャンビュー」という部屋で、ユニットバスではなくお風呂とトイレが別スペースになっているのも良かったです

夕食 海鮮など いけす割烹 心誠

ホテルから徒歩10分程度の場所にある、居酒屋です。

関連ランキング:割烹・小料理 | 五島市その他

福江島名物のキビナゴなどを頂きました

191014-Fukue-4

福江城跡(石田城)

帰る前に最後に寄ったのが、福江城跡

今は市街地にありますが、もともとは海に囲まれた海城だったらしいです。福江港から徒歩10分程度で到着

1863年に14年をかけて造られたものの、1872年には廃城令で廃城になったとか…ちなみに本丸跡には高校(長崎県立五島高等学校)が建てられています。

五島観光歴史資料館

191013-Fukue-Castle

敷地内には五島観光歴史資料館があり、五島の歴史や文化(キリスト教史含め)について学べます。内部は撮影禁止だったので写真はありませんが、キリシタンの歴史などについて学べたのはなかなか良かったです。

五島氏庭園

191013-Garden

国の名勝にも指定されている庭園です。僧侶の全正(遊び人すぎて京都にいられなくなったとか)によって、金閣寺の丸池を模して作られたそうです

庭園内には屋敷もあり。内部見学は有料(800円)ですが、職員さんが丁寧に説明してくれます。続100名城スタンプもこちらの受付にあり

長崎そして博多へ

福江城跡に行った後は、港に帰って行きと同じジェットフォイルで再び長崎まで帰りました。

本当は行きはジェットフォイルで帰りは飛行機(福江空港-福岡空港 1日4便)を予定していたのですが、台風での欠航もあって行きも帰りもジェットフォイルとなったのでした。
福江空港発着の便はDHC-8という小型のプロペラ機で、座席数が少ない(39席ないし74席)のでこういうときにはすぐに満席になってしまうわけですね

191013-ORC

とても小さい飛行機

写真引用:【福岡(FUK)→福江(FUJ)】長崎の島旅!オリエンタルエアブリッジ (ORC)DHC-8-200搭乗記 | クマフラ!

まあそちらに乗るのはまたの機会にということで

長崎からは再び特急かもめで博多へ

191013-BlackKamome

今回は黒いかもめ


五島列島では本当は久賀島と奈留島に行くツアーに参加する予定でしたが、台風のためツアーがなくなってしまい参加できませんでした。(下のツアー)

五島市観光協会|ようこそ長崎県五島市へ五島列島キリシタン物語~久賀島・奈留島編~

ただそんな天候だったことが功を奏した(?)のか、あまり人はいませんでした。有名な教会だと観光地化して、あまり厳粛さを感じない場所も多いのですが…ここ福江島では実際に島民によって作られ、現在も信仰が守られているのが伝わってきてとても良かったですね。

01 地球の歩き方JAPAN 島旅 五島列島 (地球の歩き方JAPAN島旅)
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 51,137

あまり見かけない五島列島オンリーのガイドブック

スポンサード リンク

スポンサード リンク

-旅行

Copyright© それいきノート:皮膚科編 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.