それでも生きていかざるをえない

それいきノート:皮膚科編

初期研修医

皮膚科専攻医登録通りました

更新日:

本日2017年12月15日は新専門医制度の一次登録採用発表日でした。制度自体が今年から開始なので一期生ということになります。

171215-TOP

専攻医登録・応募について : 専門研修プログラム : 一般社団法人 日本専門医機構

採用結果は上記リンク先からログインすると閲覧できます。自分も某大学の皮膚科プログラムに登録していましたが、無事に採用されました!

171215-Dermatology

倍率1倍以下だったので大丈夫だろうとは思っていましたが、とりあえず一安心です。

さてこの専攻医制度ですが、今後は明日から一ヶ月間の間二次登録が行われるようです

171215-2nd

source:‎www.japan-senmon-i.jp/news/doc/Important%20Information_1006.pdf

ここには"都市部への集中が明らかな場合は当該都市部の二次登録はおこなわない予定"と書かれてはいますが、具体的にどうなるのかは不明。そもそも一次登録の時点で内科や外科では都市部に集中が見られるので、今更制約をかけてもという気もします。

171215-Physician

source:医療維新 | m3.com

2017/12/17追記:日本専門医機構の公式資料来てました(‎www.japan-senmon-i.jp/news/doc/ichjitourouku.pdf)

ちなみに一次登録期間中はサイト上で自分が進む診療科の各プログラムの登録人数が確認できたのですが、皮膚科もいわゆる都市部で登録者数が多かった印象です。まあ出身地でもない場合、あえて地方のプログラムに登録する意義が見いだせませんしね…初年度で詳細不明なこともあって、同期の多そうなプログラム(≒都市部のプログラム)を選ぶのは無難な選択肢でしょう

スポンサード リンク

スポンサード リンク

-初期研修医

Copyright© それいきノート:皮膚科編 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.