皮膚科 皮膚科専門医試験対策

感染症の出席停止期間 学校保健安全法 【プールの可否】

学校感染症の出席停止期間と、プール利用の可否についてまとめました

学校感染症の出席停止期間 プール利用について

一部の感染症は学校での流行を防ぐため、学校保健安全法で出席停止期間が定められている

学校保健安全法の分類 感染症 出席停止期間
第一種感染症 1類・2類感染症の大半 治癒するまで
第二種感染症 インフルエンザ 発症後5日間
かつ解熱後2日経過するまで
(幼児は解熱後3日)
水痘 すべての発疹が痂皮化するまで
風疹 発疹が消失するまで
(色素沈着は可)
麻疹 解熱後3日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失
または
5日間の抗生剤による治療が終了するまで
流行性耳下腺炎 唾液腺腫脹が発現してから5日経過
かつ全身状態が良好になるまで
咽頭結膜炎 主要症状が消退した後2日経過するまで
結核 医師が感染の恐れがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎
第三種感染症 流行性角結膜炎
腸管出血性大腸菌感染症
急性出血性結膜炎

その他の第三種感染症は法律に規定がなかったが、現場で混乱を招きやすいため日本小児皮膚科学会・日本皮膚科学会等の統一見解が出されている

プールに入ってよいかどうか、もコメントされている

その他第三種感染症
疾患
出席の可否 プール 補足
手足口病 摂食不良や発熱・下痢等なければ可 N/A 手洗いの奨励
伝染性紅斑 発熱・関節痛等がなく全身状態がよければ可 N/A 皮疹出現時は感染力なし
アタマジラミ症 出席可
タオルやヘアブラシは共用しない
早期に治療が必要
伝染性軟属腫 出席可 露出部のものは被覆ないし治療 ビート板や浮き輪の共用を控える
伝染性膿痂疹 病変が広範囲・全身症状があるなどでなければ可 治るまで禁止 病変部は外用処置+被覆

※疥癬:治療を始めていれば登校・プール可能。角化型疥癬は感染力が強いので登校も禁止

参考新・皮膚科セミナリウム 保育所・学校における感染症対策:学校感染症および関連疾患について 日皮会誌:129(7), 1477-1494, 2019

皮膚科専門医認定試験 関連問題

スポンサード リンク

-皮膚科, 皮膚科専門医試験対策

Copyright© それいきノート:皮膚科専門医試験対策編 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.