皮膚科 皮膚科専門医試験対策

平成27(2015)年度 皮膚科専門医試験 過去問 解答解説 選択問題1〜25

2015-Specialist-1

日本皮膚科学会 皮膚科専門医試験 平成27(2015)年度解答解説を作成しました

見出しから各問題へ飛べます

誤字脱字ご意見などあればコメント・右のフォーム・Twitterなどでご連絡ください

見出し


平成27年度(2015年度) 皮膚科専門医試験 過去問 解答解説 選択問題 1〜25

選択問題1:解答 1

選択問題1

口腔粘膜に初発することが多い疾患はどれか.

  1. 尋常性天疱瘡
  2. 水疱性類天疱瘡
  3. 後天性表皮水疱症
  4. IgA天疱瘡
  5. 家族性良性慢性天疱瘡

尋常性天疱瘡は口腔粘膜に初発しやすい→1

その他腫瘍随伴性天疱瘡粘膜類天疱瘡も口腔粘膜病変が特徴

  • 1. 尋常性天疱瘡:口腔粘膜症状は70〜80%で初発症状
  • 2. 水疱性類天疱瘡(BP):体幹・四肢病変が中心で、口腔粘膜病変はあっても軽度(20〜30%)
  • 3. 後天性表皮水疱症:四肢中心に病変を生じ、臨床的にBPと類似。Split skin法で真皮側に抗体が沈着する点が鑑別点
  • 4. IgA天疱瘡:小水疱や膿疱が体幹・四肢・間擦部で生じる
  • 5. 家族性良性慢性天疱瘡(Hailey-Hailey病):腋窩や鼠径部などの間擦部で小水疱が集簇し、膿痂疹様となる。カルシウムポンプをコードするATP2C1遺伝子変異による常染色体優性遺伝疾患
  • 参考書籍:あたらしい皮膚科学 第3版 p249(1)/256(2)/260(3)/254(4)/246(5)
  • 参考書籍:皮膚科学 第11版 p309(1)/318(2)/323(3)/317(4)/359(5)

選択問題2:解答 2

選択問題2

正しい組み合わせを選べ.

「掌蹠のエクリン汗管は(A. crista profunda intermedia, B. crista profunda limitans)で表皮と連続し, (C. 皮溝部, D. 皮丘部)に開孔する.」

  1. AとC
  2. AとD
  3. BとC
  4. BとD
  5. いずれの組み合わせもみられる

掌蹠では汗孔(白く抜けて見える)が皮丘部に一致して観察され、ダーモスコピーで皮丘か皮溝か迷った際に参考になる

皮丘部に並行な色素沈着(parallel ridge pattern)は悪性黒色腫を示唆する所見

また表皮突起はそれぞれ下記のように呼ばれる

  • 皮溝部:crista profunda limitans
  • 皮丘部:crista profunda intermedia

以上より「エクリン汗腺はcrista profunda intermediaを貫通して皮丘部に開孔する」→2

関連:2014 選択60 (parallel ridge patternのHE組織像)

選択問題3:解答 3

選択問題3

9歳の女児. 出生時から頭髪と眉毛に乏しく, 頭髪は縮毛である. 図1に皮膚所見を示す. 日本人において最も高頻度に変異がみられる遺伝子はどれか.

  1. EDA1
  2. DSG4
  3. LIPH
  4. LPAR6
  5. SERPINB7

先天性に図1に示すような縮毛があり、先天性乏毛症の診断

日本人ではLIPH遺伝子変異が最多→3

具体的には1/50の保有率(→10,000人に一人の患者)がいるとされる

縮毛症 (wooly hair:WH)

先天性毛髪奇形の一つで、頭髪の過剰な縮れと成長障害をきたす

全身症状を伴う症候性と毛髪症状のみの非症候性に分けられ、いずれも原因遺伝子が複数同定されている

常染色体劣性 常染色体優性
非症候性WH LIPH KRT71
LPAR6 KRT74
KRT25
症候性WH DSP
(デスモプラキンをコード)
-
JUP
(プラコグロビンをコード)

*XR:X連鎖劣性遺伝, AD:常染色体優性遺伝, AR:常染色体劣性遺伝

関連2019 選択8 (脱毛症について)

選択問題4:解答 5

選択問題4

77歳の女性. 前頭部から側頭部の帯状の脱毛を主訴に来院した. 図2に示すように瘢痕性脱毛を認める. この疾患について正しいのはどれか.

  1. 全頭型脱毛症に進展しやすい.
  2. 抗真菌薬の内服が有効である.
  3. 局所免疫療法の適応となる.
  4. 胸部X線写真が診断に役立つ.
  5. 口腔内所見を観察することが重要である.

高齢女性で、図では前頭部〜側頭部にかけての瘢痕性脱毛がみられる

frontal fibrosing alopeciaの診断で、毛孔性扁平苔癬の亜型

扁平苔癬診断のため口腔内所見(Wickham線条)が重要→5

frontal fibrosing alopecia (FFA)

瘢痕性脱毛症(毛包が破壊された不可逆的な脱毛)をきたす疾患は大きく2つに分けられる

続発性 外傷や熱傷後
原発性 毛孔性扁平苔癬
慢性皮膚エリテマトーデス
禿髪性毛包炎

このうち毛孔性扁平苔癬の亜型がfrontal fibrosing alopecia (FFA)

2015-Frontalfibrosingalopecia

参考サイトより引用

  • 閉経後の高齢女性の前頭部や側頭部生え際に好発
  • 眉毛・腋毛・陰毛なども脱毛をきたす場合がある
  • 口腔内や陰部に扁平苔癬の皮疹を合併
  • 組織:毛包周囲のリンパ球浸潤, 液状変性
  • 治療:初期にはステロイド局注が有効

関連問題

選択問題5:解答 4, 5

選択問題5

男性型脱毛症の治療薬フィナステリドについて正しいのはどれか. 2つ選べ.

  1. 保険収載されている.
  2. 毛母細胞に直接作用する.
  3. 5-αリダクターゼⅠ型を阻害する.
  4. 内服を中止すると元の状態に戻る.
  5. ジヒドロテストステロンの産生を抑制する.

男性型脱毛症(AGA) 治療薬

男性ホルモン、とくにジヒドロテストステロン(DHT)の作用で脱毛が生じる

治療はDHT産生に関わる酵素、5-α還元酵素(リダクターゼ)阻害薬が利用される

酵素は2タイプあり、どちらを阻害するかで2種類の薬がある

一般名 商品名 5-α還元酵素阻害作用
フィナステリド プロペシア® Ⅱ型
デュタステリド ザガーロ® Ⅰ型+Ⅱ型
  • 1. 保険収載されておらず、自費診療となる
  • 2. 男性ホルモン受容体は毛乳頭細胞に存在し、毛母細胞への直接作用はない
  • 3. フィナステリドは5-αリダクターゼⅡ型のみを阻害する
  • 4. 内服を中止すると効果は消失する
  • 5. DHT産生を抑制することで作用する

関連問題

選択問題6:解答 4

選択問題6

色素性乾皮症について誤っているのはどれか.

  1. 日本ではバリアント群がA群の次に多い.
  2. A群ではUVBに対する紅斑の遅延がみられる.
  3. DNA修復試験は患者由来の培養線維芽細胞を用いて行う.
  4. D群は損傷乗り越えDNA合成の異常がある.
  5. バリアント群は神経症状をきたさない.

色素性乾皮症(XP)はV型のみ損傷乗り越えDNA合成の異常が、それ以外の群はヌクレオチド除去修復の異常がある→4

このためV型のみ不定期DNA合成能(UDS)低下がみられない

  • 1. 日本ではA群(55%)>V型(25%)>D群・F群・C群…の順。C群は欧米で多い
  • 2. XP-AではUVBに対するMEDの低下と、紅斑反応遅延が特徴で通常翌日なのが3日目にピークとなり消退も遅い
  • 3. DNA修復試験(不定期DNA合成能):UV照射によって損傷を受けたDNAがどのくらい修復できるかを正常と比較し百分率で示したもので、患者皮膚由来の培養線維芽細胞を用いる。XP-V以外は低下する
  • 4. 損傷乗り越えDNA合成の異常が病因となるのはXP-Vのみ
  • 5. XP-C/E/Vは神経症状をきたさない・MED低下がないなどの共通項がある
  • 参考書籍:あたらしい皮膚科学 第3版 p234
  • 参考書籍:皮膚科学 第11版 p279

関連問題

選択問題7:解答 5

選択問題7

ケトプロフェン湿布薬の外装の注意事項に記載されている, 剥がした後に光線曝露に注意すべき期間はどれか.

  1. 1日間
  2. 3日間
  3. 1週間
  4. 2週間
  5. 4週間

ケトプロフェンは剥がした後も成分が残存し、光線過敏症をきたすことがある

具体的には4週間は紫外線を避ける必要がある→5

2015-Ketoprofen

参考サイトより引用

関連:2012 選択5 (光アレルギー性接触皮膚炎を生じやすい貼付薬)

選択問題8:解答 2, 3

選択問題8

表皮ケラチノサイトの分泌する抗菌ペプチドはどれか. 2つ選べ.

  1. α-defensin
  2. β-defensin
  3. cathelicidin (LL37)
  4. dermcidin
  5. TLR-7

表皮ケラチノサイトの分泌する抗菌ペプチドはβディフェンシンやLL37(カセリサイディン)→2, 3

  • 1. αディフェンシン:好中球や小腸陰窩細胞で発現
  • 2. βディフェンシン:ケラチノサイトから分泌される抗菌ペプチドの一つ
  • 3. カセリサイディン(LL37):抗菌ペプチドの代表で内因性プロテアーゼ(カリクレインなど)によって分解されLL37になる
  • 4. ダームシジン:汗に含まれる抗菌ペプチド
  • 5. TLR7:LL37+DNA複合体の受容体。イミキモドはTLR7を活性化させ、免疫を賦活化する
  • 参考書籍:あたらしい皮膚科学 第3版 p283(3・5)
  • 参考書籍:皮膚科学 第11版 p74(1・2・3)

関連:2016 選択14 (皮膚と自然免疫)/ 選択80 (イミキモドが結合する分子)

選択問題9:解答 4, 5

選択問題9

メラノサイトとメラニンに関して正しいのはどれか. 2つ選べ.

  1. 成熟メラノソームの大きさは人種による差はない.
  2. 表皮内メラノサイトの密度は男性の方が女性よりも高い.
  3. 合成されたメラニンが層板状骨格に沈着するのは第Ⅱ期メラノソームである.
  4. 甲状腺ホルモンは色素沈着を増強する.
  5. 金髪のメラニンは, ほとんどがフェオメラニンである.
  • 1. メラノソームの数・分布は同じだが、大きさは黒人>日本人>白人で差がある
  • 2. メラノサイト密度に性別差はない
  • 3. メラニンがメラノソーム骨格に沈着するのは3期から。2期から合成開始し、4期で骨格が完全に覆われる
  • 4. ACTHやMSH、甲状腺ホルモン、女性ホルモン(エストロゲン)は色素沈着を増強する
  • 5. 金髪や赤毛はフェオメラニン優位で生じる。黒はユーメラニン優位
  • 参考書籍:あたらしい皮膚科学 第3版 p10-12
  • 参考書籍:皮膚科学 第11版 p29-32

関連問題

選択問題10:解答 2, 3

選択問題10

メルケル細胞に関して正しいのはどれか. 2つ選べ.

  1. 表皮顆粒層直下に局在する.
  2. 掌蹠などに多く分布する.
  3. 電顕的に有芯顆粒を有する.
  4. CK21を特異的に発現する.
  5. 神経終末器に由来する.

メルケル細胞は掌蹠に分布し、電顕での有芯顆粒が特徴→2, 3

  • 参考書籍:あたらしい皮膚科学 第3版 p12
  • 参考書籍:皮膚科学 第11版 p41

関連問題

選択問題11:解答 2, 3, 5

選択問題11

MHC class Ⅱを発現し抗原提示する細胞はどれか. 3つ選べ.

  1. 好中球
  2. 樹状細胞
  3. 単球・マクロファージ
  4. T細胞
  5. B細胞

抗原提示細胞はマクロファージ・樹状細胞*・B細胞の3つ→2, 3, 5

この中で貪食も行うのがマクロファージと樹状細胞で、一方貪食能を持つが抗原提示能は持たないのが好中球

2015-presentation

*皮膚における樹状細胞≒Langerhans細胞

  • 1. 好中球:強い貪食作用をもつ、自然免疫系の中心的存在
  • 2. 樹状細胞:真皮樹状細胞とLangerhans細胞に分けられ、後者はCD1a・S-100・CD207(ランゲリン)を発現する
  • 3. 単球・マクロファージ:貪食能を持ち、貪食した抗原の提示も行う
  • 4. T細胞:CD4陽性ナイーブT細胞はMHC classⅡを発現した抗原提示細胞からの抗原提示を"受ける"側※
  • 5. B細胞:抗原提示細胞としてT細胞の活性化を行い、また形質細胞へ分化すると抗体産生を行う

※一方MHC classⅠを発現した抗原提示細胞から抗原提示を受けるのは、CD8陽性ナイーブT細胞。(MHC class)Ⅰ x (CD)8 = (MHC class)Ⅱ x (CD)4で掛け算すると両方8になるというゴロがある

  • 参考書籍:あたらしい皮膚科学 第3版 p31-35
  • 参考書籍:皮膚科学 第11版 p75・78-81

関連:2012 選択82 (獲得免疫に関わる細胞)

選択問題12:解答 3

選択問題12

常染色体劣性遺伝形式をとる角化異常症はどれか.

  1. 尋常性魚鱗癬
  2. 表皮融解性魚鱗癬(水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症)
  3. 先天性魚鱗癬様紅皮症(非水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症)
  4. Vörner 型掌蹠角化症
  5. Unna-Thost型掌蹠角化症

先天性魚鱗癬様紅皮症(非水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症)は常染色体劣性遺伝→3

ケラチンは複数が重合(32量体)して中間経フィラメントとして機能するため、1つに変異があるだけで症状をきたすようになる

ケラチンが原因の魚鱗癬・掌蹠角化症は常染色体優性遺伝

このことから選択肢2・4・5は除外可能

※AD:常染色体優性遺伝疾患, AR:常染色体劣性遺伝疾患

  • 参考書籍:あたらしい皮膚科学 第3版 p271(3)/268(1)/273(2)/277(4・5)
  • 参考書籍:皮膚科学 第11版 p347(3)/341(1)/345(2)/353(4・5)

関連2019 選択23 (常染色体半優性遺伝形式を取る疾患:尋常性魚鱗癬), 2014 選択45 (常染色体優性遺伝する疾患)

選択問題13:解答 3

選択問題13

黒色表皮腫の好発部位として誤っているのはどれか.

  1. 項頸
  2. 腋窩
  3. 乳房間
  4. 鼠径
  5. 外陰

黒色表皮腫は乳房間には通常発生しない→3

黒色表皮腫 (acanthosis nigricans)

表面黒褐色の局面をきたす疾患

内蔵悪性腫瘍(とくに胃癌)や糖尿病、肥満等に合併するが、悪性腫瘍合併型が最多

  • 好発部位:項頸部・腋窩・鼠径部
  • 病理所見:乳頭腫症・過角化・基底層色素沈着がみられる
    ※表皮肥厚 acanthosisは病名に反して見られない
  • 参考書籍:あたらしい皮膚科学 第3版 p298
  • 参考書籍:皮膚科学 第11版 p373

関連:2014 選択79 (臨床問題), 2013 選択14 (病理所見), 2012 選択10 (黒色表皮腫の基礎疾患)

選択問題14:解答 5

選択問題14

長島型掌蹠角化症の原因遺伝子はどれか.

  1. DSG1
  2. DSP1
  3. TGM1
  4. AAGAB
  5. SERPINB7

長島型掌蹠角化症はSERPINB7遺伝子変異が原因となる常染色体劣性遺伝疾患→5

同遺伝子はセリンプロテアーゼインヒビターをコードする

※AD:常染色体優性遺伝疾患, AR:常染色体劣性遺伝疾患

  • 参考書籍:あたらしい皮膚科学 第3版 p277(5)/278(1・2・4)/271(3)
  • 参考書籍:皮膚科学 第11版 p354(5)/353(1・2・4)/347(3)

関連問題

選択問題15:解答 2, 4

選択問題15

関節症性乾癬について正しいのはどれか. 2つ選べ.

  1. 約半数で皮疹と関節症状が同時に出現する.
  2. 関節症状はDIP関節に生じることが特徴である.
  3. 関節破壊に進展することはまれである.
  4. アキレス腱に痛みを生じることが多い.
  5. ウステキヌマブは保険適用がない.

関節症性乾癬はDIP関節に生じやすく、アキレス腱部は好発部位の一つ→2, 4

通常皮疹が先行し、爪や頭部・臀部病変を有する場合移行しやすいとされる

  • 1. 80〜90%の例は皮疹が先行し、同時に出現するのは10〜15%程度
  • 2. 関節症状はDIP関節に生じやすく、PIP関節に生じやすい関節リウマチとの鑑別点。仙腸関節など体軸関節炎もしばしばあり
  • 3. 関節炎が進行すると関節破壊を呈する
  • 4. 腱や靭帯が骨に付着する部位の腱付着部炎が特徴で、アキレス腱も好発部位
  • 5. ウステキヌマブ(ステラーラ®)はIL-12/23p40抗体製剤で、関節症性乾癬に保険適用

関連2017 選択21 (関節症性乾癬へ以降しやすい病変部位), 2012 選択15 (好発部位, 症状出現順など)

選択問題16:解答 3

選択問題16

カルシポトリオール水和物/ベタメタゾンジプロピオン酸エステル配合外用剤の最大量について正しいのはどれか.

  1. 1日30gまで
  2. 1週間30gまで
  3. 1週間90gまで
  4. 1ヵ月30gまで
  5. 1ヵ月90gまで

ドボベット®の最大外用量は90g/週となっている→3

ビタミンD外用薬に高Ca血症の副作用があるため、上記規定となっている

ビタミンD外用製剤については下記参照

220417-Vitd-topical
ビタミンD外用製剤と保険適用疾患 各種製剤の比較

続きを見る

一般名 商品名 外用上限
マキサカルシトール オキサロール® 10g/日
カルシポトリオール ドボネックス® 90g/週
タカシトール ボンアルファ® なし※
カルシポトリオール
+ベタメタゾンジプロピオン酸エステル
(リンデロン-DP®)
ドボベット® 90g/週
マキサカルシトール
+ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル
(アンテベート®)
マーデュオックス® 10g/日

※高濃度のボンアルファハイ®は10g/日

関連2018 選択19 (ドボベットの配合軟膏), 2013 選択10 / 2011 選択13 (高カルシウム血症のリスク因子)

選択問題17:解答 4

選択問題17

膿疱性乾癬に対する顆粒球吸着療法(血液成分除去療法)の保険適用の算定限度について正しいのはどれか.

  1. 毎日1回, 5回まで
  2. 隔日1回, 7回まで
  3. 週に2回, 3回まで
  4. 週に1回, 5回まで
  5. 月に1回, 3回まで

膿疱性乾癬の顆粒球吸着療法は週1回/5回が保険算定限度→4

顆粒球単球吸着除去療法 (GMA)

炎症組織に集積し病変形成に関与する、好中球・マクロファージ・単球を除去する体外循環療法

  • 保険適用(皮膚科領域):膿疱性乾癬(2012)・関節症性乾癬(2019)
    カッコ内は保険適用承認年
  • その他:潰瘍性大腸炎・クローン病・関節リウマチ

週1回の施行で、膿疱性乾癬は5回/関節症性乾癬は10回までが保険適用内

膿疱性乾癬(汎発型)診療ガイドラインでは推奨度C1。比較的安全性が高く、妊婦・授乳中の治療選択肢として挙げられている

関連2018 選択90(顆粒球吸着療法の保険適用疾患), 2016 選択16(妊婦に可能な膿疱性乾癬の治療)

選択問題18:解答 5

選択問題18

アトピー性皮膚炎の痒みと関係の深いサイトカインはどれか.

  1. IL-2
  2. IL-4
  3. IL-12
  4. IL-23
  5. IL-31

アトピー性皮膚炎の痒みと関連が深いのはIL-31→5

同部位のモノクローナル抗体、ネモリズマブ(ミチーガ®)がアトピー性皮膚炎に対して保険適用となっている

  • 1 IL-2:IFN-γとともにTh1細胞から分泌され、細胞性免疫に関与する。斑状型血管肉腫の治療にIL-2製剤局注が用いられる
  • 2 IL-4:Th2細胞から分泌され起痒因子に対する反応閾値を下げる他、好酸球遊走やフィラグリン発現低下に関わる。アトピー性皮膚炎で用いられるデュピルマブ(デュピクセント®)のターゲット
  • 3 IL-12:樹状細胞から分泌され、Th1細胞の誘導に関与し、炎症カスケードを引き起こす。乾癬で用いられるウステキヌマブ(ステラーラ®)のターゲット
  • 4 IL-23:樹状細胞から分泌され、Th17細胞の活性化→IL-17分泌を引き起こす。乾癬の治療ターゲット*
  • 5 IL-31:Th2細胞から分泌され、末梢神経に発現するIL-31受容体に作用することで直接瘙痒を誘発する

*ウステキヌマブおよびリサンキズマブ(スキリージ®)、グセルクマブ(トレムフィア®)

選択肢2について。IL-4も掻痒感に関与するが、フィラグリンの発現低下・好酸球遊走など他の作用を持つため1つを選ぶ本問では、相対的に誤り選択肢と考えられる。なお2019年 選択17では「IL-4/13/31」の3つが正解選択肢となっている

関連問題

2015年以前は乾癬に関わるサイトカインの出題が多かったが、近年はアトピー性皮膚炎に関わるサイトカインの出題が中心となっている

選択問題19:解答 1, 3

選択問題19

アレルゲンと製品との組み合わせで正しいのはどれか. 2つ選べ.

  1. ニッケル - チョコレート
  2. パラフェニレンジアミン - 合成樹脂
  3. チメロサール - 防腐剤
  4. プリミン - 化粧品
  5. エポキシレジン - ゴム製品

ジャパニーズスタンダードアレルゲン(JSA)2015として、日本人でアレルギーを起こしやすい物質がパッチテストでの検索に用いられる

詳細は下記参照

220602-JSA2015
ジャパニーズスタンダードアレルゲン(JSA) 2015 パッチテスト

続きを見る

  • 1. ニッケル:金属だが、クロムやコバルトと並んでナッツ(豆類)やチョコレート、ココアにも含まれる。除去療法も推奨度C1となっている
  • 2. パラフェニレンジアミン:ヘアカラー剤(毛染め)で利用される
  • 3. チメロサール:防腐剤でワクチン等に含まれる
  • 4. プリミン:植物であるサクラソウに含まれる。JSA2008に含まれていたが、2015では除外された
  • 5. エポキシレジン:樹脂で接着剤や塗料に含まれる。
    ゴム関連はカルバミックス・チウラムミックス・メルカプトミックス・メルカプトベンゾチアゾール・黒色ゴムミックス

関連2019 記述11 (サクラソウのアレルゲン), 2016 選択17 (ゴム製品と関係しないアレルゲン)

選択問題20:解答 1, 4

選択問題20

23歳の女性. 約2年前に左こめかみに自覚症状のない淡褐色扁平丘疹が出現した. 徐々に増加し, 顔全体に広がってきたため来院した(図3). この疾患について誤っているのはどれか. 2つ選べ.

  1. HPV2の感染によって生じる.
  2. 組織学的に空胞細胞がみられる.
  3. イミキモドの保険適用はない.
  4. 液体窒素療法が第一選択である.
  5. しばしば自然消退する.

図3では顔面に淡褐色丘疹が多発しており、扁平疣贅の診断

HPV-3や10が原因となり、顔面では通常液体窒素療法は施行しない→1, 4

扁平疣贅

ウイルス性疣贅の一種で、ヒトパピローマウイルス(HPV)-3や10が原因となる

青年期女子の腕や顔面に好発し、扁平〜やや隆起した褐色丘疹をきたす

  • 組織:表皮肥厚や角質増生のほか、有棘層上層〜顆粒層の空胞細胞がみられる
  • 治療:液体窒素による凍結療法やヨクイニン内服。自然消退もあり
  • 1. HPV2は尋常性疣贅の原因(HPV2/27/57)。HPV-3/10/28が扁平疣贅の原因
  • 2. 組織学的に有棘層上層〜顆粒層に空胞細胞(bird-eye cell)がみられる
  • 3. イミキモド(ベセルナ®)の保険適用は日光角化症および尖圭コンジローマのみ
  • 4. 液体窒素療法:顔面の扁平疣贅では色素沈着を残しやすいため、通常行わない(それ以外は推奨度A)
  • 5. しばしば自然消退がみられ、その際は掻痒や発赤などの炎症症状が生じる

ヒトパピローマウイルス(HPV)と皮膚疾患

HPVの型 臨床症状
1 ミルメシア
2, 4, 7, 27, 57 尋常性疣贅
3, 10, 28, 29, 94 扁平疣贅
16 Bowen様丘疹症, 爪Bowen病
5, 8 疣贅状表皮発育異常症
57, 60 足底類表皮嚢腫
63 点状疣贅
6, 11 尖圭コンジローマ

関連2020 選択28(HPVの型と関連疾患), 2018 選択82 / 2014 選択54 (イミキモドの保険適用疾患), 2010 選択66 (扁平疣贅の原因ウイルス)

選択問題21:解答 4, 5

選択問題21

1歳の男児. 約1週間前から微熱がみられ, 顔面, 四肢に紅色丘疹が出現した(図4). この疾患について正しいものはどれか. 2つ選べ.

  1. パルボウイルスB19感染症である.
  2. 感染力が強い.
  3. 強い掻痒を伴う.
  4. 肝機能検査を行う.
  5. 皮疹は約1か月で自然消退する.

微熱後に四肢および顔面で紅色丘疹が集簇している

Gianotti-Crosti症候群の診断で、B型肝炎が原因となることがあり皮疹は自然経過で消退する→4, 5

Gianotti-Crosti症候群 (Gianotti病)

生後6ヵ月〜12歳の小児に好発

下肢から広がる3mm程度の紅色丘疹をきたす。自覚症状はない

  • 分布:下肢→上肢・顔面に広がるが、体幹部は生じづらい
  • 予後:1ヶ月程度で自然軽快

ウイルス感染が原因となり、下記のように分類される

原因ウイルス 名称
B型肝炎ウイルス Gianotti病
それ以外のウイルス
(EBウイルスやサイトメガロウイルス、コクサッキーウイルスなど)
Gianotti-Crosti症候群

※原因による区別をせず、総じてGianotti-Crosti症候群と呼ぶことも

  • 1. パルボウイルスB19は伝染性紅斑(リンゴ病)の原因となる。Gianotti-Crosti症候群の原因としてはEBウイルスが多い
  • 2. 感染症そのものではなく、アレルギー反応のため感染力はない
  • 3. 瘙痒感は軽度
  • 4. Gianotti病はB型肝炎ウイルスが原因のため、肝機能評価を行う
  • 5. 約1ヶ月後に軽度の落屑を伴って自然消退する
  • 参考書籍:あたらしい皮膚科学 第3版 p505/504(1)
  • 参考書籍:皮膚科学 第11版 p810/799(1)

選択問題22:解答 2, 3

選択問題22

80歳の女性. 4日前から図5のような皮疹が出現し, 強い疼痛を伴っている. この症例について正しいものはどれか. 2つ選べ.

  1. 再発しやすい.
  2. 神経痛が残りやすい.
  3. 眼合併症が高率にみられる.
  4. 疼痛に対してはNSAIDsが第一選択である.
  5. 抗ヘルペスウイルス薬を通常量よりも増量する.

鼻背部〜左眼瞼周囲にかけて紅暈を伴う水疱が見られ、疼痛を伴っていることから帯状疱疹の診断

鼻背部の皮疹は眼合併症をきたしやすく、高齢者では鎮痛薬としてアセトアミノフェンの利用が無難→2, 3

  • 1. 健常人では一度罹患すると、低下した細胞性免疫が再構成されるため基本的に終生免疫を獲得する
  • 2. 重症例や高齢者で帯状疱疹後神経痛への移行率が高い
  • 3. 鼻背部に皮疹がみられる場合、高率に眼合併症を伴う(Hutchinson徴候)
  • 4. NSAIDsと腎排泄性抗ヘルペスウイルス薬との併用は抗ヘルペスウイルス薬の排泄遅延をきたすため、高齢者や腎機能低下者ではNSAIDsの代わりにアセトアミノフェンの使用が推奨されている
    ※本問出題時には非腎排泄性であるアメナメビルは未発売
  • 5. 抗ヘルペスウイルス薬を増量するのは脳炎・髄膜炎がある場合*で、皮膚/眼症状は増量の根拠とならない

*アシクロビルの通常投与量は5mg/kgだが、脳炎・髄膜炎の場合10mg/kgまで増量可能

関連2019 選択32 / 2018 記述2 / 2011 選択88 (Hutchinson徴候について)

選択問題23:解答 1, 2, 5

選択問題23

デング熱について正しいものはどれか. 3つ選べ.

  1. 約半数で皮疹が出現する.
  2. 特徴的な皮疹は"islands of white in a sea of red"と表現される.
  3. 豚が増幅動物である.
  4. 一度感染すると終生免疫が得られるため再発しない.
  5. Tourniquet(駆血帯)テストは診断に有用である.
  • 1. 感染者の20%が発症(80%は不顕性感染)し、そのうち約50%に皮疹が出現する
  • 2. 初期は中毒疹様の紅色丘疹となるが、解熱期には毛細血管拡張を欠きwhite islands in a sea of redと称される
  • 3. デングウイルスはヒト→蚊→ヒトの感染環を形成し、日本脳炎ウイルスにおける豚のような増幅動物は存在しない*
  • 4. ウイルスは4型存在し、異なる血清型に再感染した際は重症型のデング出血熱を発症しやすい。同一の型に対しては終生免疫を獲得する
  • 5. 血小板減少にともなって駆血帯圧迫で点状出血が増加する現象で、デング熱診断上重要な指標

*日本脳炎ウイルスはヒト-ヒト感染はなく、増幅動物(ブタ)の体内でいったん増えて血液中に出てきたウイルスを蚊が吸血し、その上でヒトを刺した時に感染する

選択肢4について。同一の型であれば終生免疫を獲得するため再発しない(本問の正解選択肢となりえる)が、その他選択肢との兼ね合いで相対的に誤りと考える

関連問題

選択問題24:解答 1, 4

選択問題24

以下のワクチンのうち, 接種後にワクチン株ウイルスの感染による発疹が出現することがあるものはどれか. 2つ選べ.

  1. 麻疹・風疹混合ワクチン (MRワクチン)
  2. ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオワクチン(4種混合ワクチン)
  3. インフルエンザワクチン
  4. 水痘ワクチン
  5. ロタウイルスワクチン

生ワクチンのうち一部は、ワクチン株ウイルスによる発疹をきたしえる。具体的にはMRワクチン・水痘ワクチン→1, 4

  • 生ワクチン:弱毒化した病原体(ウイルス)を用いる
  • 不活化ワクチン:抗原成分を用いる

と分類されるため、"ワクチン株ウイルスによる発疹"をきたすのは生ワクチンのみ

なお生ワクチンは生物学的製剤投与中は投与できないので休薬が必要

ワクチン(予防接種)の種類と分類

主なワクチン 定期接種 任意接種
生ワクチン
  • BCG
  • MR(麻疹・風疹)
  • 水痘
  • ロタ
  • ムンプス(おたふくかぜ)
  • 黄熱
不活化ワクチン
  • B型肝炎
  • Hib(インフルエンザ菌b型)
  • 肺炎球菌
  • DPT-IPV(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)
  • 日本脳炎
  • HPV
  • インフルエンザ
  • 髄膜炎菌
  • A型肝炎
  • 狂犬病
  • 1. MRワクチン:接種5〜10日後に2割の人で発熱があり、同時期に数%で発疹が出ることがある
  • 2. DPT-IPVワクチン:不活化ワクチン。ポリオは以前生ワクチンで極めて稀に小児麻痺の副作用があった
  • 3. インフルエンザワクチン:不活化ワクチンで、5〜10%に発熱・頭痛・寒気などがみられる
  • 4. 水痘ワクチン:免疫が低下している場合、接種後14〜30日に発熱を伴った丘疹や水疱が出現することがある。
  • 5. ロタウイルスワクチン:下痢や嘔吐を起こすことがあり、腸重積発症が増加するという報告がある。皮疹はない(通常のロタウイルスでも皮疹は認めない)

上記以外では、BCGワクチンでも稀に感染が成立し、真性皮膚結核や結核疹がみられる(あたらしい皮膚科学第3版 p550)

関連2020 選択27 / 2014 選択13 / 2011 選択14 (生物学的製剤投与とワクチン)

選択問題25:解答 2

選択問題25

爪白癬専用外用薬はどれか.

  1. イトラコナゾール
  2. エフィナコナゾール
  3. クロトリマゾール
  4. シクロピロックス
  5. テルビナフィン

爪白癬専用外用薬はクレナフィン®(エフィナコナゾール)→2

爪白癬治療 (外用/内服)

内服

系統 一般名/商品名 用法用量
アリルアミン テルビナフィン 125mg/日を連日内服
(6ヶ月間)

ラミシール®
トリアゾール イトラコナゾール 400mg/日を1週間内服→3週間休薬
を3回繰り返す(パルス療法)
イトリゾール®
ホスラブコナゾール 100mg/日を連日内服
(12週間)
ネイリン®

外用

系統 一般名/商品名 用法用量
トリアゾール エフィコナゾール 1日1回
クレナフィン®
イミダゾール ルリコナゾール 1日1回
ルコナック®

爪白癬治療について、詳しくは下記も参照

220528-tinea-candida
皮膚真菌症 抗真菌薬のまとめ【白癬・カンジダ・爪白癬】

続きを見る

  • 1. イトラコナゾール(イトリゾール®):パルス療法は爪白癬専用。爪白癬以外は連日内服
  • 2. エフィナコナゾール(クレナフィン®):爪白癬にのみ保険適用のある外用製剤
  • 3. クロトリマゾール(エンペシド®):外用薬で、皮膚カンジダ症に利用される(白癬では用いない)
  • 4. シクロピロックス:抗真菌薬外用で、OTC薬品に用いられる
  • 5. テルビナフィン(ラミシール®):125mg 連日内服が足白癬および爪白癬(6ヶ月)に用いられる。外用も存在し、皮膚カンジダ症および白癬に使用される

関連問題

スポンサード リンク

-皮膚科, 皮膚科専門医試験対策

© 2022 それいきノート:皮膚科専門医試験対策編 Powered by AFFINGER5